母の着ていた着物を着たい。そして、その着物を子供に贈りたい。

ホーム > 着物リメイク・染め変え

着物リメイク・染め変え

着物は手を加えることで新しいイメージに生まれ変わるものです。どうにかしたい不満や問題の解決と大幅なイメージチェンジ。昔仕立てた着物、柄、模様が飽きてしまった着物をリメイクしてみませんか?

リメイクには沢山の選択肢があります。地色だけを変えたい・雰囲気を変えてみたい・柄色を落ち着かせたい・全く別の着物に染め変えたい・そんな願いを叶えるのが着物リメイク。
「着物を無駄にしたくない」「思い出の品を大切にしたい」「お母さんの着物を再利用したい」と言った方々にこの着物リメイクは絶大な支持を受けております。 思い出こそ着物の最高の価値です!

本の柄を生かしてきものの地色全体を染め替えます

昔仕立てた着物は年齢や流行と共に袖を通す回数も減って参ります。
『新しい着物が欲しいけれど、今の着物を無駄にしたくない』、『昔買った着物を今の柄にしたい』、『思い出の着物を再利用したい』、『成人式の振袖を有効利用したい』、そんなときにリメイクすることで、年齢・好みに合わせた着物に作り変えることができます。
お客様の染め替えの理由は沢山ありますが、お客様の一番の理由はやはり【思い入れのある着物を蘇らせたい!】なのです。思い出の品を大切にすると同時に、自分らしさをイメージした物に染め替えてみてはいかがでしょうか?

無地の着物を柄物に染め替えるのはもちろん!小紋を附下に染め替えたり、附下を小紋に染め替えたりとパターンは様々。単なる染め替えばかりではなく、染め替えた着尺をコートや羽織なんかにしたり、いっそのこと帯に仕立て直すのも一つのアイディアです。
若い頃の着物や戴いた着物も染め替えることで、再び日の目を見ます。
お母さんの振袖を最新の振袖に染め替えたり、中には結婚式の白無垢を着尺に染め替えた方なんかもいらっしゃいます。

大切な着物を蘇らせること、染め替えは私たちにとっても思い入れの多い仕事です。
私たちはお客様の思い出と着物への慈しみの心を大切に考え、染め替えのご相談をお受けいたしております。

訪問着が名古屋帯に

リメイクの方法は現在の柄色の上に更に色を加える色のせの方法と、色を抜染し別の色をのせたり、新たに別の柄をのせたりする大幅な抜染染め替えの2通りに大きく分けられます。

▲ページ上部へ

▲ページ上部へ

一旦、白地まで抜染し別系統の色や全く別の様式の着物に変えることが出来ます。
不抜け地や抜染残りがあっても、小紋や大きめの柄付けをお選びいいただくことで解決いたします。ほとんどの着物を多様な着物に染め替えることが可能。
まずは気軽に御相談下さい。

着物リメイク・染め変え対応表

▲ページ上部へ